共益費なしの賃貸

共益費のない賃貸物件がお得

賃貸で共益費がなしの物件

共益費は賃貸マンションやアパートに居住している世帯が徴収されているものですが、物件によってその金額が違ってきます。基本的に高級な物件であれば高額となり、築年数が古かったり入居戸数が少なかったりすると低額となる傾向にあります。共益費そのものがなしとされている賃貸マンションやアパートも多く見られますので、少しでも出費を抑えたいと考えている人にとってはおすすめします。もちろん、費用の徴収がなしという場合は、それぞれの世帯が清掃や共用部分の維持管理など相応の負担が発生するケースも考えられますので、事前に大家さんや管理会社と確認することは必須です。

賃貸住宅を借りるときの共益費

賃貸住宅を借りるとき家賃は一番気になるところではないでしょうか。しかし、多くの場合、家賃とは別に共益費がかかることが小さく書いてあることが多いですよね。共益費とはマンションの共同利用部分にかかる電気代や水道料金、保守点検にかかる費用などを住人全体に徴収するものです。設定されていないような物件には家賃にその費用が含まれると考えてよいでしょう。しかし、その場合に賃貸契約する際の敷金や礼金、さらには仲介手数料にもその分の料金が上乗せされてしまいますので注意が必要です。物件によっては交渉の余地があるときもありますので、大家さんにも失礼にはならないように気を付けつつ聞いてみてはいかがでしょうか。

↑PAGE TOP